2019/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

デンマークの友人からのメールにて、
2008年11月29日(土)ヨン・ウッツォンが亡くなった、
という連絡があった。

ヨン・ウッツォンといえば、シドニーのオペラハウスが有名だ。
2003年には、建築界のノーベル賞ともいわれるプリツカー賞も受賞している。

デンマークに住んでいたとき、彼の建築をいくつか見に行ったが、
その中で「バウスヴェア教会」が一番印象に残っている。

日本での知名度はアルネ・ヤコブセンに遠く及ばないが、
デンマーク国内では人気を二分、あるいは若者からはヤコブセンよりも支持されている建築家だ。
シドニーのオペラハウスでも評価された高い独創性がその理由だという。
ヤコブセン自身も、「自分にないのはウッツォンの才能」と言ったとか、言わないとか……

また、彼が僕が留学していた町、Helsingorを拠点にしていたことも、
勝手に親近感を抱いている理由だ。
学校のすぐ裏側にあった、20世紀の集合住宅の名作「キンゴーハウス」にも感銘を受けた。


彼の偉大な才能は、息子のキム、娘のリンがしっかりと受け継いでいると思う。

2007年のハンス・J・ウェグナーに続き、北欧デザインの黄金期を彩った巨匠が去った。
年の瀬、少し淋しいニュースです。


バウスヴェア教会

comment









trackback