2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

PHP研究所の雑誌『PHP special』にて、
うつわと料理をテーマとした新連載「たべる普段器」をスタートしました。
第1回目のテーマは、
「トマトのマリネサラダ×沖縄の再生ガラスのボウル」です。



 

ご好評をいただいております「日々、うつわ展」、
残すところあと6日となりました。

オープニングのトークイベントとパーティーに始まり、クッキングイベント、
“民藝と北欧デザイン”をテーマにしたトークイベントと、
さまざまなイベントを行いましたが、いよいよ最後となりました。

みなさまのお越しをお待ちしております。

ーーー
All Aboutの雑貨ガイド、近年の山陰ブームの火つけ役となった書籍『山陰旅行』の著者の江澤香織さんをお招きし
山陰のうつわ、料理、旅などについてお話いただきます

http://allabout.co.jp/gm/gp/335/

どなた様にもご参加頂けるイベントとなっていますので皆様のご来場を心よりお待ちしております。

title:
トークイベント『山陰のうつわ、料理、旅について』
ゲスト:江澤香織
聞き手:萩原健太郎
※参加費 : 無料

date:
10月26日(土)18:00 - 19:30

place:
CASE gallery

<お問合せ>
CASE gallery
東京都渋谷区大山町18-23コートアネックス大山町1F
TEL:03-5452-3171
MAIL:mail@casedepon.com
 



書籍『日々、うつわ 民藝のうつわのある、おいしい日常。』の出版にあわせて、
展示会を開催することになりました。
イベントももりだくさんです。
どなたでも参加できる気軽なイベントですので、ぜひ足をお運びください。

[タイトル]
日々、うつわ展

[概要]
本展では、著書のなかで取り上げている民藝のうつわを各産地ごとに展示、解説いたします。
また、“北欧” のテーブルウェアの展示、島崎 信( しまざき まこと) 先生によるトークイベントなど、
“民藝と北欧” をテーマにした展示イベントなどもおこないます。
その他、著書でもうつわにあわせ、さまざまな料理の創作を手がけている料理研究家saeさんにもご参加いただき、
実際の調理から、民藝のうつわに料理を盛るといった一連の流れをお楽しみいただけるようなクッキングイベント
も予定しております。ぜひとも、皆様のご来場をお待ちしております。

[会期]
2013年10月12日(土) 〜 10月27日(日)
open 11:00 / close 18:00
会期中休みなし

[会場]
CASE gallery
東京都渋谷区大山町18-23 コートアネックス大山町1F

[イベント]
(1)トークイベント
『日常使いのうつわの魅力について』
ゲスト:MOTTAINAIクラフトあまた・若本紀子 聞き手:萩原健太郎
[日時]10月12日(土):16:00〜17:30 [参加費]無料
(2)オープニングレセプション
軽食、ドリンクをご用意してお待ちしております。
[日時]10月12日(土) 17:30 〜 20:00
(3)クッキングイベント
調理、盛りつけまでを料理研究家 sae さんに実演していただきます。
[日時]10月13日(日) 14:00 〜 [参加費]無料
(4)トークイベント
『島崎信が語る、民藝から北欧デザインまで』
ゲスト:島崎信 聞き手:萩原健太郎
10月18日(金)19:00 〜 20:30 ※その後懇親会
[定員]30名 ※要予約 (下記のお問合せまで)
[参加費]1000円

< お問合せ >
有限会社ケース 担当 : 坂元
〒151-0065
東京都渋谷区大山町18-23 コートアネックス大山町1F
Tel : 03-5452-3171
Fax : 03-5452-3173
E-mail : mail@casedepon.com
URL : www.casedepon.com

 

先月、誠文堂新光社より、書籍『日々、うつわ 民藝のうつわのある、おいしい日常。』を出版しました。

この本では、民藝のうつわの使いかたを提案。
うつわはやはり、料理を盛ることで輝くもの。
そこで本書では、読谷山焼北窯(沖縄)、小鹿田焼(大分)、出西窯(島根)、因州中井窯(鳥取)などの全国から厳選した14の窯元、およびガラス、竹細工などにあった料理を盛りつけることで、うつわの魅力を引き出しています。

料理の数はなんと50。
それぞれにレシピ付です。
巻末には、民藝やうつわの解説も加えています。

民藝のうつわと、料理の双方が楽しめる一冊になりました。

ぜひ、お手にとってみてください。



いま、9月の出版に向けて書籍とカタログの仕事が進行中です。

今日は書籍の仕事のご紹介。

昨年から『民藝の教科書』シリーズを刊行しているのですが、
そこからはすこし離れ、「民藝のうつわの使いかた」をテーマにした書籍を出すことになりました。

タイトルも決まりました。
『日々、うつわ。〜民藝のうつわのある、おいしい日常。』
です。

全国の窯元を訪れ、つくり手から直接購入したうつわに、
うつわからインスピレーションを得た料理を盛っていく。
それらを撮影し、文章を綴っていく、という本です。

料理はどれもおいしく、美しいものばかり。
レシピも完全掲載なので、楽しみにしていてください。

発売は9月中旬。
10月には、書籍発刊のイベントも予定しています。

書籍、イベントの情報に関しては、こちらで随時お伝えします。

写真は、沖縄のうつわに、沖縄の郷土料理「シリシリ」を盛って。